グランブルーファンタジー キャラクター評価

【グラブル】シルヴァの性能評価。強い点・LBを紹介【水SSRキャラ】

シルヴァ(水SSRキャラ)を使ってみた上で、強い点やLB(リミットボーナス)の振り方を紹介します。ダメージ上限を大幅UPした奥義により短期決戦で大活躍でき、サブメンバーとの交代で戦略も広げられる便利なキャラですが、どういう場面で使うと役立つのかわからない人は参考にしてみて下さい。


シルヴァの基本情報

レアリティ属性種族
SSRヒューマン
タイプ得意武器最終上限解放
攻撃実装済み

シルヴァのアビリティ構成

分類名前使用間隔取得レベル説明
奥義ヒューネラルブリット/
バリー・ブリット
-初期・水属性ダメージ(特大)
・自分の回避率UP《最終上限解放で追加》

効果時間:3ターン
1アビイーグルアイ7ターン初期・自分の奥義ダメージUP
・奥義ダメージ上限UP
・チェインバーストダメージUP
・防御DOWN

効果時間:1ターン
2アビタクティシャン7ターン初期・自分のクリティカル確率UP

効果時間:3ターン
3アビデッドスペシメン7ターン45lv・自分が即座に奥義発動可能
・奥義に水属性追加ダメージ効果付与《lv90で追加》

効果時間:1ターン
4アビホープスナイプバトル開始5ターン後~(再使用不可)100lv(フェイトエピクリア後)自分とサブメンバー(先頭の方)を入れ替え、援護射撃を行う

効果時間:3ターン
サポアビ1静かな威圧-初期奥義ゲージ上昇量UP(20%)
サポアビ2正射必中-95lv敵の幻影・回避に関わらず奥義が命中する

シルヴァの強い点

奥義強化による短期決戦の爆発力がすごい

シルヴァの一番の強みは1アビ(イーグルアイ)の奥義強化でしょう。奥義ダメージを200%UPし、奥義ダメージ上限を90%もアップできる素晴らしいアビリティです。

装備や指輪で奥義ダメージ上限UPを手に入れれば、シルヴァの奥義だけで500万ダメージを越えることも可能です。装備や指輪で奥義ダメージ上限UPをしていない場合でも300万越えくらいのダメージは出せるはずなので、初心者の人は急にダメージが出せるようになって驚くかもしれません。

3アビ(デッドスペシメン)で奥義に追加ダメージを加えることもできるため、装備が揃ってくればシルヴァだけで1ターンに合計600万ダメージを越えることも可能です。

特にAT(アサルトタイム)では、1アビをポチッと押すだけで物凄いダメージが出せるのは大きな強みです。

3アビで奥義が即座に使用可能になる

3アビ(デッドスペシメン)を使うとシルヴァの奥義ゲージが100%になり、奥義に水属性追加ダメージが加わります。

AT時やアルタイルやリルルとの組み合わせで2,3ターン連続で奥義を撃つことも可能になります。

援護射撃を使うことで中期戦でも活躍できる

4アビ(ホープスナイプ)を使うと、シルヴァとサブメンバー(先頭の方)が3ターンの間入れ替わり、その間シルヴァが援護射撃をしてくれます。

4人の攻撃に加え、シルヴァの援護射撃(上限80万ほど)が行われるので、3ターンの間実質5人で敵を殴っているようなものです。また、レスラーのツープラトン時にも援護射撃が行われるため、4アビ使用中に与えられるダメージは馬鹿にできません。

シルヴァの一番の強みは短期決戦での爆発力ですが、4アビを使うことで中期戦でも活躍できるようになります。

サブメンバーとの交代で戦略の幅が広がる

交代するサブメンバー次第で戦略が広がるのも大きな強みです。
水着イシュミールと交代してブリザードを使用したり、水ユエルの狐火で丁度3ターンの間味方全体に追撃を加えたり、トリガー技を受けるためにカット要員と交代したり、エッセルと交代してトレハン9にしたり……

現状でも色んな使い方ができますし、今後面白いキャラが増えるたびにシルヴァの4アビの価値も上がります。誰と交代するかを考えるのもシルヴァを使う楽しみのひとつでしょう。

玄武拳との相性が非常に良い

四象降臨で手に入る玄武拳とシルヴァの相性がとても良いです。
玄武拳は4番目に配置されたキャラクターに水属性追撃効果を与える代わりに、そのキャラの奥義ゲージ上昇量を30%DOWNする武器です。

まず、シルヴァは他のキャラに比べると玄武拳のデメリットを受けにくいキャラです。
サポアビで奥義ゲージ上昇量が20%UPしているのでデメリットが-10%で済みますし、3アビで奥義ゲージを100%にすることもできるため、他のキャラと合わせて奥義を使いたい時に柔軟に対応することもできます。

そして、シルヴァは玄武拳のメリットも活かしやすいキャラです。
シルヴァの2アビ(タクティシャン)で自身のクリティカル率を上げることができ、クリティカルが出れば追撃のダメージも増えます。

デメリットを受けにくいだけでなく、メリットも活かしやすいので、玄武拳を使う場合は積極的にシルヴァを4番目に配置してみましょう。

シルヴァのリミットボーナス(LB)の振り方

LBのサポアビ効果は、敵の数が少ないほど自分の攻撃力UPです。
※敵1体で攻撃力10%、2体で5%、3体で0%UP

重要なLB

奥義ダメージ上限

1アビ使用時の奥義ダメージを更に伸ばすためにも奥義ダメージ上限は★3にすることをおすすめします。シルヴァを起用するときは奥義の破壊力を求めているはずなので、一番優先して振るべきLBです。

間違えて奥義ダメージ(上限じゃない方)に振らないように注意してください。

クリティカル

奥義以外の通常攻撃時のダメージも伸ばすため、クリティカル二箇所も★3にしておくことをおすすめします。2アビのクリティカル率UPもあるため、かなり高頻度にクリティカルが出るようになります。

振る前によく考えたほうが良いLB

奥義ダメージ

シルヴァを古戦場の肉集め(1ターンキル)でしか使わない場合は振らない方が良いです。
というのも、シルヴァの1アビにシヴァを合わせれば簡単に奥義上限に達するため、奥義ダメージをUPしたところで既に上限に達しているから恩恵が得られません

また、1アビを使わない通常時の奥義でも奥義ダメージUPの恩恵は少ないです。
奥義ダメージ★1で奥義ダメージ+10%とは書いてありますが、減衰に引っかかるので1箇所★1に振ったところで10万ほど奥義ダメージが伸びるだけです。2箇所目の★1は更に恩恵が少なくなり、数万しか奥義ダメージは伸びません。

奥義ダメージUPが活きるのは、シルヴァの1アビを使用したけれどバフがあまり乗っていない時です。ただ、水パには強力なバフも多いため、基本的には奥義ダメージに振ることはおすすめできません。

LBの振り方の意図

私のLBの振り方は上記画像の通りです。
LBは16個しか振ってありませんが、奥義ダメージに振ってみたら恩恵が薄すぎてリセットしたためです。残りの2個は防御★1×2に振るつもり(渾身維持と1アビデメリット軽減のため)です。

DA確率は2箇所あるので2箇所ともコスパの良い★2で止めて、サポアビ等にLBを回しました。

サポアビに関しては、古戦場のEX+も敵は1体ですし、シルヴァを使いたい場面で敵が3体出てくることも珍しいので★3まで振っています。

終わりに

この記事では、シルヴァ(水SSRキャラ)を使ってみた上で、強い点やLB(リミットボーナス)の振り方を紹介しました。

-グランブルーファンタジー, キャラクター評価

関連記事