グランブルーファンタジー 共闘 ドロップ/素材集め

【グラブル】アスタロトのアニマの使い道とドロップ効率【パンデモニウム6-2 終焉ノ刻/共闘EX】

2019/07/03

パンデモニウム最終階層の終焉ノ刻(EX6-2)で、アスタロトのアニマがどのくらいの効率でドロップするのかを紹介します。アスタロトのアニマの使い道や赤箱(自発箱/順位箱)の中身にも触れています。EX6-2を周回しようか迷っている人は参考にして下さい。

その他のドロップ関連記事一覧は、こちらの目次から確認できます。


アスタロトのアニマの使い道は?

ジョブ専用武器 エンブレム

ジョブ専用武器(JMP)にエンブレムを付与する時のみ使います

ちなみに、ジョブ専用武器にエンブレムを付けるには、ジョブ専用武器をリビルドしたあと属性変更し、更に5凸する必要があります。
5凸してエンブレムを付けるとジョブ専用武器は特定用途でかなり強力な武器になりますが、初心者のうちはあまり恩恵が得られないと思うので、自分自身が5凸のジョブ専用武器を活かせるようになったと思うまではパンデモEX6-2に行く必要はありません。

共闘EX6-2のドロップ内容は?

使用したドロップ率UP要素

  • 最終エッセル(10%)
  • 騎空団サポートLv3(20%)
  • 雫サポートLv4(20%) - キャンペーン中
  • 風見鶏の羽(Lv9)

効率良く集めるためには?

雫サポートと風見鶏の羽を使う

上記ドロップ率UP要素を使った状態では、毎回金箱からアスタロトのアニマがドロップしました。ただ、アスタロトのアニマは確定ドロップではないという話もよく聞くので、できる限りのドロップ率UP要素は使った方が良いでしょう。

アスタロト一周にかかる時間はそこそこ長いですし、トレハン編成で戦うような余裕はありません。ケチらずに風見鶏の羽(Lv9)にすることをおすすめします。

強い人を集める

Rank150制限の野良部屋を立てた時は1周10分弱かかりました。

その1年後くらいにRank170制限の野良部屋を立てた時は1周4分ほどで終わりました。

金箱からはドロップ率UPさえ積めば毎回アニマが出るようなものなので、高速で周回することが一番の効率UP要素です。

麻痺させる

アスタロトはHP75%で90%カットとデバフ全消去を行ってきます。
これは参戦者が75%を踏むたびに発動するため、最大4回発動します。

野良だとほぼ確実にアスタロトの行動パターンがわかっていない人がいるため、HP75%付近でもたつくことがあります。そうならないように、アスタロトのHPが75%になる前に麻痺を入れ、麻痺の持続時間中にHP50%まで削ると大幅に効率UPできます。

胆力の薬・闘気の種実を使う

1戦にかかるタイムを縮められれば、当然ですが効率UPします。

胆力の薬で開幕奥義ぶっぱできるようにしたり、闘気の種実を使って攻撃力を上げることで少しでも時短しましょう。

自発して高順位を取る

自発箱・順位箱の赤箱共にアスタロトのアニマが入っていることがあります
自発箱・順位箱共にアニマが入っている確率は結構低めなので好みではありますが、一周するのに時間がかかる人ほどアニマがドロップする可能性を少しでも増やしたほうがお得です。

※15回自発して自発箱からアニマがでたのは2回だけでした。

1時間でアスタロトのアニマは何個ドロップした?

2018年5月版(Rank150↑)

1戦10分弱だったので多分7周のドロップ内容です。
周回スピード次第ではありますが、よっぽど強いメンバーを集めない限り、金箱だけでは1時間で10個集めるのは厳しいでしょう。

しかし、自発箱と順位箱にもそこそこアスタロトのアニマが入っています。毎回両方の赤箱をゲットできれば、1時間で10個は集まることが多いのではないかな、と思っています。
私が周回したときには全部自発で大体1,2位を獲得し、7回中5回順位箱をゲットしました(7回で赤箱合計12個)。2位だと赤箱が落ちないこともあるので、アニマ集めの効率を上げるためにも強くなることは必須です。

2019年3月版(Rank170↑)

1時間で15周でした。1戦3~4分くらいです。

2位を12回取りましたが、2位を取ったときには順位箱が1個も落ちませんでした。
1位は2回取りましたが、今回は順位箱からはアニマが得られませんでした。

自発箱からは2個アニマがでました。
15回やって2個なので今回の自発箱からのアニマドロップ率は13.33%です。

金箱からは毎回アニマがドロップしました。
合計すると1時間で17個のアニマが手に入りました。

終わりに

この記事では、パンデモニウム最終階層の終焉ノ刻(EX6-2)で、アスタロトのアニマがどのくらいの効率でドロップするのかを紹介しました。

-グランブルーファンタジー, 共闘, ドロップ/素材集め

関連記事