グランブルーファンタジー キャラクター評価

【グラブル】オリヴィエ(リミテッド)の性能評価。強い点・LBを紹介【闇SSRキャラ】

オリヴィエ(闇SSRキャラ/リミテッド)を使ってみた上で、強い点やLB(リミットボーナス)の振り方を紹介します。宵闇の恐怖で特殊技や体力トリガーを遅延させる効果は万人に役立ちます。常時追撃持ちで火力も出せるキャラでもありますが、どんな場面で使うと役立つキャラなのかわからない人は参考にしてみて下さい。

その他の評価済みキャラは、こちらの目次から確認できます。


オリヴィエの基本情報

レアリティ属性種族
SSR星晶獣
タイプ得意武器最終上限解放
特殊未実装

オリヴィエのアビリティ構成

分類名前使用間隔説明
奥義D・フォールン・ソード-・闇属性ダメージ(特大)
・自分の闇属性攻撃UP《効果時間:4ターン》
・次のモータル・シンの効果が2回発動《効果時間:なし》
1アビシルバーレイク8ターン・敵全体に闇属性ダメージ
・敵全体にダブルアタック確率DOWN《効果時間:180秒》
・敵全体に宵闇の恐怖効果《効果時間:2ターン》
2アビモータル・シン8ターン・敵に5倍闇属性ダメージ
・スロウ効果
3アビネヴァーモア6ターン自分のトリプルアタック確率UP/クリティカル確率UP/弱体成功率UP《効果時間:2ターン》
サポアビ1新世界への渇望-経過ターンに応じて自分の闇属性追撃効果UP/光属性防御DOWN
サポアビ2堕天司-闇属性攻撃力UPが付与されている時、光属性の敵に対して与ダメージUP

※効果時間・使用間隔はLv80時のものです
※奥義のバフ効果時間は発動ターンも含めているため、恩恵に授かれるのは実質表記した効果時間-1ターンです

オリヴィエの強い点

宵闇の恐怖でトリガー技を遅延できる

1アビで与えられる宵闇の恐怖効果は、オリヴィエの一番の長所です。
宵闇の恐怖とは、恐怖の強化版のようなものです。CT(チャージターン)がMAXでも宵闇の恐怖がかかっていれば敵は特殊技を撃つことができず、通常攻撃を行います。それだけでなく、体力トリガー(グランデのHP90%,80%の幻影など)に関しても、宵闇の恐怖がかかっている間は撃つことができません。

注意点
宵闇の恐怖は、効果がかかっている間のみ敵の特殊技・体力トリガーの発動を遅らせる効果です。宵闇の恐怖が切れた際、次の体力トリガーまで削りきれていない場合は遅らせていた体力トリガーが発動します。体力トリガーを無効にできる効果ではない点にご注意ください。

宵闇の恐怖が生存力UPに繋がる(初心者向け)

宵闇の恐怖が生存力UPに繋がる場面は、主に以下の2ケースです。

  • 特殊技や体力トリガーを今受けたらまずいけれど、1,2ターン耐えられればカット技の再使用ができる時
  • 体力トリガーはカットして受けたいけれど、そのターンで体力トリガーまで削りきれるか不安な時

主にソロで高難易度バトルに挑む時にありがちなケースだと思います。
体力トリガーを受けるためにファランクスを使ったのに、そのターンで体力トリガーが発動するところまで削りきれなかった場合は、カットができていない状態で体力トリガー技を受ける羽目になってしまう事故が起こり得ます。初心者にとっては、宵闇の恐怖をかけることでこの事故を防げるのはかなり嬉しいポイントだと思います。

体力トリガーを飛ばせば火力寄りの編成が組める(中級者以上向け)

強力な体力トリガー技が複数設定されているボスと戦う際には、通常複数のカット技やマウントなどの対策が要求されます。しかし、宵闇の恐怖がかかっているうちに次の体力トリガーまで削ってしまえば、1個分の体力トリガー対策を削ることができます。

これは、編成やアビリティ構成を多少火力寄りにできることを意味しています。

ソロ用のバトルであれば時短に繋がりますし、マルチであれば他のプレイヤーを出し抜いて高順位を取ることにも繋げることができるでしょう。

スロウ持ちだから特殊技は更に遅延できる

2アビでスロウを与えることができます。ちなみに、奥義を撃つと次に使う2アビが2回発動し、この際スロウも2回かかります

使用間隔が8ターンと長いですが、宵闇の恐怖や奥義と組み合わせて使うタイミングを選べば、敵が特殊技を撃てる回数を大幅に減らすことができるでしょう。

追撃持ち+条件付き与ダメUPで火力も出せる

オリヴィエは、サポアビにより1ターン目から常時通常攻撃に追撃が付与されています。
1ターン目は3%の追撃ですが、1ターン経過するごとに追撃の威力が3%ずつ増していき、最大30%の追撃(10ターン目)が付与されます。

また、2つ目のサポアビにより、闇属性攻撃力UPが付与されている間は、オリヴィエが光属性の敵に対して与えるダメージが上限含め10%UPします。オリヴィエは奥義で自身に闇属性攻撃UPバフ(実質3ターン)をかけることもできますし、アヌビスや闇鞄と合わせれば更にこのサポアビを活かすことができるでしょう。

これらの強力なサポアビによって、火力も出しやすいキャラとなっています。デメリットとして光属性防御も追撃と同じく毎ターン3%ずつ(最大30%)DOWNしてしまいますが、こちらはLBで補うと良いと思います。

剣得意

オリヴィエの得意武器は剣です。
そのため、オメガ剣パを組みたいときにはほぼスタメン固定の便利なキャラです。

オリヴィエのリミットボーナス(LB)の振り方

LBのサポアビ効果は、アビリティ使用時奥義ゲージUPです。
Lv3にすることで10%UPです。

重要なLB

弱体成功率

オリヴィエのLBの中で一番重要なものは「弱体成功率」です。1アビの宵闇の恐怖は比較的命中率は高いですが、外れることもあるためこのLBは確実に★3にしておきましょう。

オリヴィエの一番の役割は宵闇の恐怖を当てることであることも多いため、ここをケチって役割をこなせなくなるのは非常に勿体無いです。

防御力

オリヴィエのサポアビのデメリットを補うために2箇所★2までは振ることをおすすめします。

オリヴィエの能力は長期戦で活きる場面も多いため、長期戦でオリヴィエのアビリティが必要になった時にオリヴィエが脆くて死んでしまっては意味がありません。

LBの振り方の意図

私のLBの振り方は上記画像の通りです。
宵闇の恐怖を確実に入れるための弱体成功率と、サポアビの脆さを補うための防御力以外は、火力に振っています。

オリヴィエが必要になるような敵は、ほぼ確実にODゲージ持ちなので、好みで対オーバードライブ攻撃を★2まで振っても良いかもしれません。

奥義ダメージはコスパの良い★1で止めました。

弱体成功率★3、クリティカル★3、防御2箇所★2は削れないと思いますが、その他は割と好みで振ってしまっても良いと思います。

LBのサポアビに関しては、オリヴィエのアビリティはどれも使用間隔が長いのであまりおすすめしません。火力や防御を上げた方が汎用的でしょう。

終わりに

この記事では、オリヴィエ(闇SSRキャラ/リミテッド)を使ってみた上で、強い点やLB(リミットボーナス)の振り方を紹介しました。

-グランブルーファンタジー, キャラクター評価

関連記事