グランブルーファンタジー キャラクター評価

【グラブル】土レ・フィーエの性能評価。強い点・LBを紹介【土属性SSRキャラ】

2018/11/07

土レ・フィーエ(土属性/SSRキャラ)を使ってみた上で、強い点やLB(リミットボーナス)の振り方を紹介します。
持続時間の長い属性バフや、効果量の非常に高い連続攻撃率UPバフなど、汎用的かつ強力なバフを使える上に、カットや回復手段まで複数持っている便利なキャラですが、どういう場面で使うと役立つのかわからない人は参考にしてみて下さい。

その他の評価済みキャラは、こちらの目次から確認できます。


土レ・フィーエの基本情報

レアリティ属性種族
SSRヒューマン
タイプ得意武器最終上限解放
回復未実装

土レ・フィーエのアビリティ構成

分類名前使用間隔取得レベル説明
奥義セブンスライト-初期・土属性ダメージ(特大)
・自分の防御UP

効果時間:4ターン
1アビ安らぎの煌めき15ターン初期・味方全体に再生効果(300回復)
・バリア効果(1000)
・土属性攻撃UP(属性枠20%)

効果時間:10ターン
2アビインフルエンスライト5ターン
(75lv~:4ターン)
初期・味方単体のHPを回復(上限2500)
・味方単体の連続攻撃確率UP(DA80%/TA30%)
・味方単体の攻防UP(通常枠50%)

効果時間:4ターン
3アビグリッターリフレクション9ターン45lv・敵全体に土属性ダメージ
・被ダメージの一部を反射(2回)(40%カット)

効果時間:2ターン
サポアビ1王族のドレス-初期防御力が低いが敵のターゲットにされにくい
サポアビ2こんなところにメダルが……-初期バトル終了時にカジノメダルを入手することがある

土レ・フィーエの強い点

強力なバッファー

土レ・フィーエには強力なバフが2種類あります。どんな場面でも使えるような汎用的なバフであり、同時に効果量も優秀です。

得意武器も剣なため、剣パにとりあえず編成しておけばすごく便利というレベルのキャラです。

持続時間の長い属性バフ持ち

1アビの属性バフ(20%)は、持続時間が10ターンです。

使用間隔は15ターンと長いですが、開幕から使えるアビリティで10ターンも持続するのは非常に強力です。

属性バフなので、土パのスタメン筆頭であるブローディアとの相性も非常に良いです。

強力な連続攻撃率UPバフ持ち

2アビの特殊強化では、DA率80%, TA率30%UPします。
回復がメインと見せかけて、連続攻撃率UPバフの効果量が非常に優秀なため、回復が必要ないときでも積極的に2アビを使っていくと火力UPに繋がります。

また、このバフも効果時間が4ターンと長めなので、強力なアタッカーと組ませると物凄く強いです。

カットや回復手段が複数ある

1アビの再生は300回復×10ターン(LBを振れば500回復)。
バリアは1000。
2アビの回復は上限2500。
3アビの反射は2回までカット40%の効果時間2ターン。

並べただけでわかる豊富なカット・回復手段です。
反射は40%カットと優秀ですし、効果時間が2ターンなため、単体攻撃が主体の敵に対しては実質2ターンの間40%カットになります。

長期戦ではもちろん頼りになりますし、マグナ2で土属性は渾身パもできたので、土レはとりあえず編成しておけばどこでも便利なキャラと言えるでしょう。

おまけ:カジノメダルも拾える

土レ・フィーエを編成したパーティでクエストを終えると、時々カジノメダルを拾ってきてくれます。

土レを編成しておけば、毎月のカジノの半汁やソウルシード分のカジノメダルは稼げます。ただ、月光晶などを取るとなると土レだけでは赤字になるため、カジノメダルを拾うサポアビはおまけ程度だと思っておきましょう。

戦闘能力だけでも十分強いです!

土レ・フィーエのリミットボーナス(LB)の振り方

LBのサポアビ効果は、味方全体の被回復上限UPです。
★3まで上げると+200されます。

重要なLB

サポアビ

土レ・フィーエに長期戦の安定感や、渾身維持の能力を期待するのであれば、サポアビを★3にするのは必須です。1アビの活性が300回復×10ターンの合計3000回復から、500回復×10ターンの合計5000回復になります。回復量2000の差は大きいです。

背水編成とは相性が悪くなるため、背水編成でも土レをバフ目的で編成したいという人は、サポアビを振らないのもアリです。

クリティカル

ダメージ底上げのため、クリティカルも★3にしておくことをおすすめします。

DA確率

土属性で連撃を盛るには、リミ武器やらデメリットありの武器を編成する必要があるため、火力UPのために★2までは振ることを推奨します。

振る前によく考えたほうが良いLB

回復性能

1アビの再生の回復量UPには繋がりません。
再生に対してはLBの回復性能は再生をかけられる側が上げないと効果を発揮しません。そのため、レ・フィーエの回復性能のLBを上げた場合、他のパーティメンバーの再生における回復量はそのままに、レ・フィーエに対してのみ再生の回復量が増えることになります。

2アビは普通の回復効果なため、こちらの回復量には恩恵があります。なので、2アビを回復目的で多用する人は回復性能に振るのもアリでしょう。サラーサがグラゼロで瀕死になっているところをリカバリーしたい人などにはおすすめです。

ちなみに、サポアビ★3、回復性能★1×2で2アビの回復上限は3200になります。

LBの振り方の意図

私のLBの振り方は上記画像の通りです。
長期戦の安定感のためにサポアビは★3、回復性能も★1を2箇所振りました。
クリティカル★3とDA確率★2は火力UPのためです。

土レはサポアビで防御が低くなっているため、それを補うために防御力★2を3箇所振りました。

余ったLBで攻撃力★1にして多少の火力UPをした感じです。

終わりに

この記事では、土レ・フィーエ(土SSRキャラ)を使ってみた上で、強い点やLB(リミットボーナス)の振り方を紹介しました。

-グランブルーファンタジー, キャラクター評価

関連記事