ゲームを本気で楽しむブログ

グラブルやシャドウバースのプレイ日記や攻略法を書くよ!

グランブルーファンタジー イベント

【グラブル】ゼノ・イフリート撃滅戦でやるべきこと・六道武器を手に入れる方法

2017/03/01

2017年2月15日から真炎明王ゼノ・イフリート撃滅戦が始まりました。
このイベントでは、「六道・灼滅天の刃鎌」という強力な武器を入手できますが、敵も非常に強いです。
この記事では、ゼノ・イフリート撃滅戦の目玉アイテムである六道武器を手に入れる方法を紹介します。性能や最終上限解放、真化についても触れているので、参考にしてみて下さい。


初心者の人はどうすればいいの?

今回のイベントは、敵が強いだけでなく、弱点属性である水属性以外の属性からのダメージは50%カットします。つまり、水パが育っていない人は今回のイベントはまともに回れないと思ったほうが良いです。

得られる武器も、今までの武器の上位にあるような武器なので、初心者の人はいきなりゼノイフ武器を取ろうとせずに、まずは水パを強化しましょう、というのが運営からのメッセージなのでしょう。

今までの完全上位に立つような武器なので、本当であればゼノ・イフリート撃滅戦を常設してもらえると、水パが育っていない人も損した気分にならないと思うのですが、まあ今回は諦めましょう。

「六道・灼滅天の刃鎌」の性能

説明の必要もないかもしれませんが、この武器は非常に強いです。
なぜかというと、EX枠の攻刃(特大)が付いているからです。
攻刃大ではありません。大です。
それに加えて最終上限解放できます。

これだけでも強いですが、まだ強い要素があります。
奥義でパーティ全体の連続攻撃確率がアップします。つまり、ベルセルクで四天刃と同じようなことができるようになるのです。
言うまでもありませんが、ぶっ壊れ武器です。

EX枠の火武器といえばデレマスコラボのブラックアックスがありますが、あれは攻刃大の武器なので、今日を持って理想編成からは葬り去られることになりました。
武器の種類もどちらも斧というところが皮肉が効いていますね。

「六道・灼滅天の刃鎌」を最終上限解放/真化した際の性能

最終上限解放または真化した場合のステータスには違いはないようです。
しかし、奥義で稀に灼熱効果を付与できるようになり、灼熱状態の敵を殴った際に追加ダメージを与えられるようになります。

最終上限解放と真化、どっちにすればいいの?

メイン装備用に1本は真化ルートの「真・灼滅天の刃鎌」を作る必要があるでしょう。
最終上限解放と真化で必要素材は違うので、1本だけ真化ルートの「真・灼滅天の刃鎌」を作れば、残りは素材が楽な方に強化していけば良いと思います。

とはいえ、無凸でもEX攻刃特大なので、何本も4凸を作るのが厳しい人は、無凸をslv10にして並べるだけでも相当強いと思います。

「六道・灼滅天の刃鎌」の手に入れ方

  • ドロップ
  • トレジャー交換

「六道・灼滅天の刃鎌」の手に入れ方は、以上のふたつです。

ドロップはなんとゼノ・イフリート撃滅戦であればEXでもMANIACでも出るようです。
ヘルがクリアできない人でも、一応手に入れる手段はあるってことですね。
マルチの赤箱からも出るようですが、金箱から出るのかは謎です。

トレジャー交換は上の画像の通りです。
左ふたつのアイテム(灼熱の尖角・イフリートのマグナアニマ)に関しては、普通のイフリート討滅戦でもドロップするアイテムです。
右ふたつのアイテム(ゼノ・イフリートの真なるアニマ・灼滅の金剛杵)に関しては、今回追加された新アイテムです。

ゼノ・イフリートの真なるアニマ・灼滅の金剛杵の手に入れ方

ゼノ・イフリートの真なるアニマは、ゼノ・イフリートのマルチバトル(lv100)からドロップします。金箱でも落ちますし、赤箱でも落ちます。

灼滅の金剛杵は、ゼノ・イフリート撃滅戦のEX/MANIACを回していると低確率で出現する難易度HELLからのドロップになります。
70HELLで1個、100HELLで2個ドロップするので、120HELLでは3個ドロップするはずです。
ちなみにくるりんしたところで、上の画像のようにイフ槍が落ちることが多いです。ゼノイフ武器が欲しいです。

真化・最終上限解放素材

左が真化の素材で、右が最終上限解放の素材です。

最終上限解放ではプシュケー5個やら、エレメント300個ずつやら要求してくるので、もしかすると真化の方が素材集めが楽なのでは……? という疑惑があります。
ただまあ、真化の場合栄誉をガッツリ持っていかれるので、どっちもどっちですね。
1本は真化させるのを忘れないようにしましょう。

終わりに

この記事では、ゼノ・イフリート撃滅戦の目玉アイテムである六道武器を手に入れる方法を紹介しました。
新要素が多くて困惑している人の参考になれば幸いです。