ゲームを本気で楽しむブログ

グラブルやシャドウバースのプレイ日記や攻略法を書くよ!

どこでも闇パマン イベント グランブルーファンタジー

【グラブル】闇パ・火パマンが『亡国の四騎士』で取るべきアイテムは?

どこでも闇パマンです。2016年11月25日からシナリオイベント『亡国の四騎士』が始まりました。
この記事では、どこでも闇パマン的に、このイベントで何を取っておくべきかを考えてまとめました。火イベントなので、火パマンが取るべきアイテムについても触れています。


スポンサーリンク

『亡国の四騎士』の変更点

一番大きな変更点は、イベントマルチバトル形式ではなく、討滅戦形式に変わったことです。
これにより、イベントボスを自分の力だけで倒すしかなくなりました。救援は呼べません。

アイテム取得方法も今までのイベントガチャ形式ではなく、討滅戦形式のトレジャー交換です。

ボスに関しては、マウントさえ持っていれば『救国の忠騎士』よりも遥かに楽だと思いますが、そうでない場合はやはり火力がないときつそうです。
非常に重要といえるようなドロップはないので、EXがクリアできない人は潔くスルーしたほうが良いと思います。

『亡国の四騎士』の報酬評価

水SRキャラ「ランスロット」

20161125-2-1

仲間にして欲しそうにこちらを見ているランスロットくんは、信頼度を750貯めることで仲間にできます。
確定DAあり、攻防ダウンありというSRキャラにしては強いキャラだと思うので、水パ初心者の人は忘れずに取っておきたいですね。

火槍「竜槍」

20161125-2-2

どこでも闇パマン的には餌です。エレメント化すれば槍のエレメントになるので、セレ槍最終上限解放のために役立てるのもありです。
ただ、セレ斧やセレ拳の最終上限解放に比べると優先度は下がるので、わざわざトレジャー交換する必要はないでしょう。

火パマンにとっては微妙な武器です。攻刃中と守護小という中途半端な武器なんですよね……
もし次回復刻時に最終上限解放がきたら化けそうな気はするのですが、現状は繋ぎの武器でしかありません。
一応攻刃中は付いているので、初心者の人にとってはありがたい武器だと思います。

槍エレメントが欲しい人か、火パ初心者の人にとっては価値はあると思いますが、それ以外の人は必要ないでしょう。

火石「ファフニール」

20161125-2-3

どこでも闇パマンにとってはゴミです!

しかし、火パマンにとっては持っておいて損はない石です。召喚効果に火耐性DOWNがついているので貴重です。
ステータス自体は高い石でもないので、課金石を上限解放しまくっている人には枠がないかもしれませんが、火パ初心者の人にとってはとてもありがたい石です。
ちなみに、加護の防御DOWNのデメリットは3凸することで消すことができます。初心者の人は3凸イフリートをメイン石にするよりは、3凸ファフニールを使った方が火耐性DOWNもあるし強いですよ。

ジークフリート用スキン「ベイルアーマー(トゥルーフェイス)」

20161125-2-4

バランス調整で強くなったジークフリートのスキンです。
見た目が変わるだけならいらない、という人はスルーで良いと思います。
しかし、儚げな表情のジークフリートにやられた! という人はゲットしましょう。

「ダマスカス骸晶」

20161122-3

『救国の忠騎士』の時と同じく、今回新たに追加されたアイテムです。このアイテムを10個集めることで、ダマスカス鋼にトレジャー交換できます。
ダマスカス鋼はSSR武器の上限解放を1回行える貴重なアイテムなので、その素材である「ダマスカス骸晶」は、ぜひとっておきたいアイテムです。

ちなみに今回のイベントでは3個までトレジャー交換することができます。
1回目の交換は、亡国のメダリオン50, 呪印の刻まれた紙30, オールド・タリスマン15
2,3回目の交換は、亡国のメダリオン100, 呪印の刻まれた紙60, オールド・タリスマン30
が求められます。

各種消費アイテム

EX1回で亡国のメダリオンが10枚は出るので、亡国のメダリオンだけで交換できるアイテムは取っても損はないと思います。
人それぞれ足りていないアイテムがあったら補充しておきましょう。個人的には、エリクシールハーフとJPはすべて取ってしまって良いと思います。

栄光や覇者などは呪印の刻まれた紙、オールド・タリスマンも要求されるので、「ダマスカス骸晶」と比べると優先度は低いです。ただ、栄光は何個あっても足りないくらいのアイテムなので、余裕がある場合は取っても良いと思います。

終わりに

どこでも闇パマンの観点から、シナリオイベント『亡国の四騎士』では、どのアイテムを取っておくべきかについて考えました。
火パマンの皆様、全国のどこでも闇パマンの皆様の参考になれば幸いです。